ジャーナリズムの世界からPRの世界に目を向けると、自動車やe-モビリティの分野でOEMのコミュニケーションチームやPRエージェンシーが舞台裏で行っている仕事を理解することは難しいかもしれません。

プレスキットから画像、映像まで、車両公開のためのクリエイティブなアイデアとそれを支えるアセットを生み出すのに必要な時間の長さを、逆の立場で理解することができるのです。

逆に、ジャーナリズム出身者であれば、ストーリーテリングの図面に「内部情報」を持ち込むことができます。メディアやその読者が、あなたのビジネスのストーリーに一貫して関心を持ち続ける要因について、生の声を聞くことができ、専門的なコミュニケーション戦略に重要な一面を加えることができます。

ジャーナリズムのスキルセットには、このような異なる視点から新しい洞察をもたらすことができるいくつかの側面があります。まず第一に、ジャーナリストとは何か、PRチームが提供する機会から何を得ようとしているのかを直接理解することが重要です。また、この知識は、広報担当者にメッセージと警戒心を維持することの重要性を伝えるのに役立ちます。

また、ジャーナリストの側での経験から、メディアがコンテンツに何を求め、いつ、何のために必要とするのかについて、詳細かつグローバルに理解することができます。同様に重要なのは、メディアが何を望んでいないのかを明確にすることです。

外から見た」視点を提供することで、企業の競合他社が何をしているのか、現実を確認することができるのです。このようなことは、誤った判断がなされた場合、ジャーナリストはすぐに察知し、批判することになります。

ジャーナリストなら誰しもが認めるように、質問をする能力は、記事を成功させるために必要な情報を得るために必要なものである。このことは、PRチームがクライアントと一緒に戦略を練るときにも当てはまり、クライアントが何を目指しているのか、何を提供するのか、それをどのように伝えるべきかを効率的に掘り下げることができます。

特に、ジャーナリズムからPRに転身したことで、魅力的で情報量が多く、わかりやすい文章を書くことに強い理解を持つことができます。ブランドの声のトーンを確立することは重要ですが、複雑で頭字語が多いコンテンツは、ジャーナリストにとって魅力的で記事にするのが難しいものです。時間のないプロのライターに、自社のメッセージを伝える記事を書いてもらうためには、自社の視点やソリューションの利点を明確にすることが、効果的に記事を書くために欠かせません。


#PR #strategy #strategiccommunications #communications #automotive #emobility #electricvehicles